朝、通勤のためにマイカーのエンジンをかけようとしたら、うんともすんともいわず「えっ、どうしよう」と、とてもあせったという経験をお持ちの方もおられることでしょう。でも、きのうまでふつうに動いていた車が、次の日に突然エンジンがかからなくなるなどということが、ホントにあるのでしょうか。あります。その多くはバッテリー上がりという現象ですが、たとえバッテリーのトラブルであっても、車の故障であることには変わりません。当事者は、さてどうやって直したらいいものやらと思案することになります。その場ですぐに自分で復旧できれば、そのために必要な金額はわずかなもので済み、会社にも遅刻することはないかもしれません。しかし、他車から一時的にエンジン始動のための電気をもらったり、あるいは新しいバッテリーに交換したりしてもやっぱりダメといった場合には、素人には、もはやお手上げということになってしまいます。当然、整備工場やサービスショップなどでプロに修理を依頼すれば、それなりの費用がかかってしまいますが、素人による一時しのぎの復旧よりもプロに診てもらうほうが、やはり安心ということもあります。さらに、その安心ということでいえば、一時的な復旧をおこなう場合にもJAFのようなプロに依頼することが、本来は望ましいということになるでしょう。いずれにしても、バッテリー上がりのようなものであっても、それがバッテリーそのものに問題があるのか、それとも車体やエンジンに問題があるのか、一度プロに診てもらっておくほうが「安心」ですね。自動車は「命」を運ぶ乗り物ともいえますから。

修理金額を重視して愛車を直すなら

愛車を修理する必要が出た場合では、専門業者に直してもらうことが一般的ですが、ディーラーや民間整備工場のほか、カーショップなど、今では色々な所に申し込めるようになっています。どこに申し込むことが最適かはケースバイケースでもありますが、費用を重視する場合では、数々の所で見積もりをもらって、キッチリと比較することが重要です。また、修理で何らかのパーツを交換しなければならない状況では、リビルトパーツを申し出てみることも有効です。ディーラーの場合では取り扱いが無い傾向もありますが、民間整備工場では取り寄せてくれる場合もありますので、確認してみることがお勧めです。リビルトパーツは中古の再生品になりますから、新品の半分ほどの金額で済む場合もあり、費用を重視して修理を行う場合では魅力的な選択肢になっています。

車検と同時に頼めば修理金額が下がる可能性もある

修理する箇所が運転面や安全面に直結する部分の場合では、速やかに適切な修理を施すことが一番です。しかしそれ以外の場合では、依頼するタイミングをズラすことで、工賃などがお得になる場合もあります。例えば継続検査たる車検も、その良いタイミングと言えます。故障個所を直してもらうことだけを依頼した場合では、工賃が掛かりますが、継続検査を依頼する時に合わせて修理を依頼致しますと、検査費用の中に組み込まれる形などで、工賃がプライスダウンすることがあります。基本的に継続検査は安くありませんので、もしも車検の期日が近い場合では、直すタイミングをそこに合わせることも有効です。そのことで支払い金額を減らせる可能性がありますから、安全面などに影響がなく、暫らく放置しても大丈夫な状況では、継続検査と同時に修理を依頼することも一考に値します。

電話での見積もりも受付中。メールなら24時間受け付けています。 業界の常識を覆す激安料金体系。車種や色による追加料金もありません。 仕事が忙しくて日中は修理に出せなくても安心。22時まで営業中です。 激安料金だけじゃない!対象地域は修理車の引き取り、修理後の納車も無料です。 バンパーの小さな傷が気になる方、初めての方に限りおおよそ20センチの傷なら1箇所999円で修理致します。 車の修理金額が安い!安心!