マンションの管理会社とともに行う仕事

事務管理という業務を任せることができる

マンションの管理には、委託ということもできます。いわゆる委託会社が代わりに仕事をしてくれるため、分譲などを購入するオーナーも煩わしさがなくなるのがウリです。例えば、事務業務という内容があります。これは、出納・会計報告・家賃の確認などです。お金の問題はとくにシビアになりがち、組合員とのトラブルを回避するために、会計を任せるケースは少なくありません。それ以外の仕事となるのは、理事会や総会の開催について担うという内容です。ここでは、マンションの問題点を洗い出すことにより、解決を図ります。それによってオーナーとなる組合員にとって良い住環境を維持できます。分譲では定期的に総会を開くことになります。総会がどのような目的で開かれるのか、あやふやなまま参加しても分からないため、進行役も担います。

総会を開催するという業務も担う

管理会社に委託する場合でも、組合員が行う場合でも、業務として通常総会があります。基本的に年に1回開催されるのですが、区分所有法で定められているので開かないワケにはいきません。集会ではどんなことをするのか、それは、収支決算や予算・事業報告や今後の計画について話し合います。何かしら取り決めがあるなら、決議しなければなりません。通常総会では、来期の理事会役員の選出や委託会社との契約更新なども行われています。ここでは、委託する会社への依頼費についても審議されるでしょう。それによっては承認できず、組合員で業務を引き継ぐこともあります。また、臨時総会も業務のひとつです。臨時なので、時として重要事項についての決議が必要な場合に開かれます。例えば、収支状況の悪化というのもあるでしょう。中には、理事会役員の不祥事という内容にも触れるケースもあるといいます。

メンテナンスをするのも業務のひとつ

分譲マンションの建物についても業務が発生します。日常的な業務、退去に関わる業務などです。日常的というのは、マンションの清掃業などが一例です。共有部分は入居者がすすんでやることがなく、掃除などの手が行き届かないため、組合員や委託業者が行います。蛍光灯の交換なども仕事のひとつです。また、物件を退去後、部屋のクリーニングをしたり修理をしなければ、借り手を探すことができません。何事も、物件の価値を落とさないための業務になります。とくに老朽化している物件に関しては、メンテナンスが大事になります。外観もポイントになれば、外壁塗装も必要になるかもしれません。

記事一覧